Golang 開発環境セットアップ

はじめに

goインストール

Homebrewでgoをインストールする。

$ brew install go

go用pluginを格納するフォルダを作成して、環境変数GOPATHにセットする。

$ mkdir ~/.go
$ echo "export GOPATH=~/.go" >> ~/.zshrc

atomエディタsetup

  • go-plusプラグインインストール

Atomの設定-installのSearch Packagesにgo-plusと入力して、パッケージボタンを押すと、go-plusプラグインが表示されるので、インストールボタンをクリックする。

まずはHello World!

以下のリンクのHello Worldを進めても良いですが、せっかく環境を整えたのでそちらでもHello Worldを試しましょう。

$ vi hello.go

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello World!")
}

go buildコマンドでコンパイルする

$ go build hello.go

実行ファイル「hello」が生成されたことを確認
$ ls -ltr
total 3160
-rw-r--r--  1 val  staff       76 Oct  7 10:47 hello.go
-rwxr-xr-x  1 val  staff  1607616 Oct  7 10:47 hello

実行ファイル「hello」を実行してみる

$ ./hello
Hello World!

go runコマンドを使うとコンパイルと実行を同時に行ってくれる

$ go run hello.go
Hello World!

※この場合、実行ファイル「hello」は生成されない。

現在時刻を表示してみる

time.goファイルを作成

$ vi time.go

package main

import (
  "fmt"
  "time"
)
func main() {
    fmt.Println("The current time is", time.Now())
}

go runコマンドで実行してみる

$ go run time.go
The current time is 2016-10-07 11:00:11.027383849 +0900 JST
$ date
Fri Oct  7 11:00:19 JST 2016
Written on October 7, 2016